牽引免許を取ろう

↓けん引免許を取得できる自動車学校の情報はこちら↓

大型免許の特しゅる免許



キャンピングトレーラーの牽引免許

キャンピングトレーラー(ライトトレーナーともいう)って、なんだか憧れちゃいますよね!
日本でもキャンプ地や海、川、山でもよく見かけます。なんかテント張らずに部屋があるので、のんびり、リッチな気分でキャンプできるし、長期滞在する場合や、虫などが大嫌いな人にはとっても快適なんではないでしょうか。


キャンピングトレーラーも車と同じで、被牽引車の車両総重量が750kg以下で連結状態で12mまでであったら牽引免許は不要です。
中でも、軽自動車で牽引可能な軽量なキャンピングトレーラーもあるそうです♪
でも、走行中のトレーラーに乗車することはできないので、4人でキャンプへ行くなら十分ですが、大人数で行くことになると不便ですね。



ですが、もっと大きなキャンピングトレーラーを引きたい!というのであれば、牽引免許が必要になってくるわけですが、通称、「ライトトレーラー免許」というのがあって、被牽引車の総重量が750kg超え、2000s以下に限定した免許というのがあるそうです。


といっても、最終的にもらう免許というのは、牽引免許の免許ということで、ただ牽引免許に750kg以上2000kg以下限定と記載されるだけだそうです。


そして、試験を受ける際にも、そのような車両は試験場では使用されていないので、自分で持ち込みして受験することになるそうです。
受験上にもっていくにも、そのライトトレーラーを牽引してこれる人に頼んで試験場まで一緒に来てもらわないと受けることができないということになるわけです。また、試験内容や詳細は受験地によって異なるそうなので、受験したい場合は受験するところへ問い合わせてみないといけないようです。
結構手間がかかりますね。


ライトトレーラー限定免許は40000円くらいで取得できるようですが・・・・


牽引免許は普通、かなりの大型の被牽引車を想定して試験するので、そんな大きなトレーラーを牽引することはまずない!という方には、この重量限定免許を取ったほうがいいのかもしれないですね。
そうすれば、大きめのキャンピングトレーラーを引くことができるんですから♪



750kg以下のキャンピングトレーラーだと牽引免許が要らないし、とても小回りが利くことや、駐車しやすいだとか、大人数で使わないのならば、装備も十分だし、ということで日本ではライトトレーラーのほうが人気みたいです。


アメリカのようなだだっぴろい土地がいっぱいあるとこなら大型のキャンピングトレーラーもあこがれますが、この狭い日本ですから、ライトトレーラーで十分なような気がします♪


●キャンピングカーに関するサイト
キャンピングカー