牽引免許の試験内容 牽引免許を取ろう

↓けん引免許を取得できる自動車学校の情報はこちら↓

大型免許の特しゅる免許



牽引免許の試験内容

牽引免許第一種の試験内容です。

まずは受験資格は、18歳以上で、大型、普通、大特、大型二種、普通二種又は大特二種のいずれかの免許を受けていることで、免許の無い人はまず、牽引するほうの車の種類の免許を取得しなければなりません。


牽引免許の試験は、大型車で行われますが、もし普通免許しかなくても、
場内試験なので、大丈夫だそうです。


牽引免許の試験内容ですが、まず適性ということで、視力検査と深視力検査が行われて、あとは実際の運転での踏み切りの通過や方向転換などの試験が続きます。


牽引免許の試験料金は3300円です。


教習所の訓練を受けて卒業試験を受ければ十分合格することが可能ですが、教習料がかかるので、一発合格で時間とお金の節約をしようする人もたくさんいるようです。


その場合、かなり難しく、何度もトライしてやっと合格したという方が大半です。

牽引免許の試験内容は一種も二種もほぼ同じです。


ただ二種は受けようとする二種免許のほかの二種免許がないと、受けられないのはもちろん、もし所持してない場合は、学科試験が追加されてきます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5629490

この記事へのトラックバック