牽引免許 牽引免許を取ろう

↓けん引免許を取得できる自動車学校の情報はこちら↓

大型免許の特しゅる免許



キャンピングトレーラーの牽引免許

キャンピングトレーラー(ライトトレーナーともいう)って、なんだか憧れちゃいますよね!
日本でもキャンプ地や海、川、山でもよく見かけます。なんかテント張らずに部屋があるので、のんびり、リッチな気分でキャンプできるし、長期滞在する場合や、虫などが大嫌いな人にはとっても快適なんではないでしょうか。


キャンピングトレーラーも車と同じで、被牽引車の車両総重量が750kg以下で連結状態で12mまでであったら牽引免許は不要です。
中でも、軽自動車で牽引可能な軽量なキャンピングトレーラーもあるそうです♪
でも、走行中のトレーラーに乗車することはできないので、4人でキャンプへ行くなら十分ですが、大人数で行くことになると不便ですね。



ですが、もっと大きなキャンピングトレーラーを引きたい!というのであれば、牽引免許が必要になってくるわけですが、通称、「ライトトレーラー免許」というのがあって、被牽引車の総重量が750kg超え、2000s以下に限定した免許というのがあるそうです。


といっても、最終的にもらう免許というのは、牽引免許の免許ということで、ただ牽引免許に750kg以上2000kg以下限定と記載されるだけだそうです。


そして、試験を受ける際にも、そのような車両は試験場では使用されていないので、自分で持ち込みして受験することになるそうです。
受験上にもっていくにも、そのライトトレーラーを牽引してこれる人に頼んで試験場まで一緒に来てもらわないと受けることができないということになるわけです。また、試験内容や詳細は受験地によって異なるそうなので、受験したい場合は受験するところへ問い合わせてみないといけないようです。
結構手間がかかりますね。


ライトトレーラー限定免許は40000円くらいで取得できるようですが・・・・


牽引免許は普通、かなりの大型の被牽引車を想定して試験するので、そんな大きなトレーラーを牽引することはまずない!という方には、この重量限定免許を取ったほうがいいのかもしれないですね。
そうすれば、大きめのキャンピングトレーラーを引くことができるんですから♪



750kg以下のキャンピングトレーラーだと牽引免許が要らないし、とても小回りが利くことや、駐車しやすいだとか、大人数で使わないのならば、装備も十分だし、ということで日本ではライトトレーラーのほうが人気みたいです。


アメリカのようなだだっぴろい土地がいっぱいあるとこなら大型のキャンピングトレーラーもあこがれますが、この狭い日本ですから、ライトトレーラーで十分なような気がします♪


●キャンピングカーに関するサイト
キャンピングカー

牽引免許はバスボートでもいるの?

牽引免許の被牽引車の重量の取得基準で、総重量が750kg以下で総全長が12m以下の被牽引車であれば、牽引免許は要らないということですよね。

バスボート=小型ボートを牽引するときにももちろん該当します。

バスボートは釣りはもちろん、スポーツでは海のスノボー?ウェイクボードをする方とかが必要になってきたりするみたいです。

ではこの、取得基準をボートでいうと、「16フィート以下で、エンジンは90馬力以下」
になるそうです。


結構バスボートの中でも小型タイプになるんだそうですが、写真でみると結構普通です。


でも、小型のバスボートだと、小さいから波には弱くて、乗ってて恐怖感を感じることが多かったり、停止したときに、揺れが大きかったり、人がボートの上で移動するとそちらへ傾いたり、ちょっと居心地悪そうなかんじです。


小さいボートでも最新機種であれば、牽引免許無しでも牽引できるバスボートがあるそうですが、中古が出回っていないので、とても値段が高いそうです。
お金に余裕がある人なら買えるのですが、そうでない人だと、やはり、中古で探さなければいけないので、どうしても、バスボートの牽引免許の取得基準をクリアできない代物になってしまうので、結局はあきらめて、牽引免許を取得せざるおえなくなるようです。


カンタンに言えば、一発合格の難しい、牽引免許取得は避けたいということで、必死に法に触れない程度のバスボートをみな探すのだけど、なかなか条件が合わずにあきらめて、牽引免許を結局は取得しなければならないってことですね。


私が個人的に思うには、小型の中古バスボートで怖い思いをしてもしかしたら事故するかもしれないという危機感をもちながら過ごすよりも、一時だけお金と時間がかかるけど、牽引免許を取得したほうが、長い目で見たら得のような気もします。


それか、思い切って新品の性能の高い16フィートでも馬力のあって、船内も広くて、安定性のあるバスボートを購入したほうが、身の安全だと思ったりします。

車以外の牽引免許

ふと、車以外に牽引するものって結構あるよなぁ〜
車以外に牽引免許が必要なものってどんなのがあるだろう?
と思って、自分が好きな飛行機で調べてみました♪


何気に待合室で飛行機に乗るまでの間ボーッと滑走路あたりをみていると、出発準備を終えた飛行機が結構ちっちゃな四角い車で滑走路まで引っ張られていくのを見たりしませんか?


あれって、飛行機が自力でバックすることができないので、飛行機が自力で動き出せるところまであのちっちゃい車で牽引しているのです。

ちなみにあのちっちゃい車はトーイングカーと言います。


トーイングカーってどんな人が乗ってるのかな?
やっぱり牽引免許は必要なんだろうなぁ〜
飛行機は大きいから大型免許?大型特殊?


某航空会社のサイトには、トーイングカーを運転する人の応募資格には、牽引免許が必要とは書いていませんでした。
50歳までで、大型特殊自動車整備業務経験者か、機械整備保全業務経験者か、自動車整備士級、3級保有者か、3等航空整備士保有者か、溶接経験者のいずれかに当てはまる人なら応募できるということみたいです。


飛行機を牽引するトーイングカー、実は私も航空関係の仕事をしていたので一度、体験で乗らせていただいたことがありますが、あんなに大きな飛行機をあんなに小さい車で牽引していて、ちょっと乗ってるだけで、誇らしげになりました。


牽引免許はとくに必要ないのですね。


では空の次は海。
船を牽引するときって、牽引免許いるんでしょうか?

はい、いります。

でも、被牽引車が750kg以下なら、これも車同様、牽引免許をとらなくても牽引することができます。


でも、船を牽引する場合には、トレーラーの重さ、船体の重量、船内外装備品や燃料の重さなどの総重量がかかってきます。


その総重量が750キログラムを下回ることはあまり無いので、船外機などを取り外せば
牽引免許無しでも牽引することができます。

牽引免許の試験内容

牽引免許第一種の試験内容です。

まずは受験資格は、18歳以上で、大型、普通、大特、大型二種、普通二種又は大特二種のいずれかの免許を受けていることで、免許の無い人はまず、牽引するほうの車の種類の免許を取得しなければなりません。


牽引免許の試験は、大型車で行われますが、もし普通免許しかなくても、
場内試験なので、大丈夫だそうです。


牽引免許の試験内容ですが、まず適性ということで、視力検査と深視力検査が行われて、あとは実際の運転での踏み切りの通過や方向転換などの試験が続きます。


牽引免許の試験料金は3300円です。


教習所の訓練を受けて卒業試験を受ければ十分合格することが可能ですが、教習料がかかるので、一発合格で時間とお金の節約をしようする人もたくさんいるようです。


その場合、かなり難しく、何度もトライしてやっと合格したという方が大半です。

牽引免許の試験内容は一種も二種もほぼ同じです。


ただ二種は受けようとする二種免許のほかの二種免許がないと、受けられないのはもちろん、もし所持してない場合は、学科試験が追加されてきます。

牽引免許一発合格!

牽引免許一発合格!を狙うとしたら、相当の技術が必要になるみたいです。

大型免許を持っている人でも牽引免許の一発合格は難しいと言えそうです。


なぜなら・・・とんでもなくバックが難しいからです。

普通、バックは右にハンドルを切ったらお尻は右回りでなく左回りに回ります。ハンドルを左に切ればお尻は時計回りに回ります。


でも、牽引している場合には、ハンドルを右に切ると、牽引車は時計と反対回りだけど、牽引されているほうはそのまま時計回りしてしまうので、一度牽引されているほうを曲げたい方向とは逆にハンドルを切って、そのあとに回りたい方向へハンドルを切るんだそうです!


文章にしたら余計ややこしい・・・・・


とにかく、牽引されているほうが回りたいほうでないほうに曲がってしまったら、曲がったほうにハンドルを切れば、まっすぐに戻るというわけです。


私も書いててわけがわからなくなりそうです・・・・


普通にバックすることは困難なので、大型免許をとるときのように、一発合格は難しそうです。


教習所で訓練をたくさんして挑戦すれば、一発合格も夢ではないかも・・・・


でも実際、受験だけを受けて受かっている、牽引免許一発合格!達成者もたくさんおられるのが事実ではあります。


みなさん、一体どんな練習をされているのでしょうか?


牽引免許だけでなく、初めて車に乗るときに必要な普通免許でも、一発合格は結構難しいと思うのですが・・・


なかには、牽引免許取得のコツのようなものを集めているサイトなどを見て、熟読して、イメトレをしてから、一発合格に望む方もおられます。

安い牽引免許

安い牽引免許というと、やっぱり合宿でとるということでしょうか。

ネットで検索をかけてみると、全国の教習所で行われている合宿の情報がたくさん出てきます。


牽引免許でいうと、牽引免許取得だけで合宿することもできますが、大型免許を持っていなくて牽引免許もとりたい方や、大型免許が取りたいのだけど、ついでに牽引免許もとっておこうという方のために、大型免許取得と牽引免許取得をセットにしたプランを組んだものがあります。


大型免許と牽引免許を別々に取るよりもずっと安い料金で大型免許と牽引免許を取得することができます。


教習所によっては10万くらい差がある場合もあるようなので、いろんなところの情報を開いて比較したほうがいいみたいです。


私が調べた中でも、大型一種免許と牽引一種免許のセットで49万のところと、38万のところがありました。


また、滞在する部屋も、レギュラータイプの部屋で相部屋にすると5万くらい差がでてきて、安いので、格安に牽引免許を取得と思ったらそういうのも覚悟で挑戦するとお得ですね!


また、安いだけでなく、合宿にすると、合宿内でお友達ができたり、新入生の歓迎会などあるところもあって、なんだか2倍得した気分で、牽引免許取得できるというわけです。


これもネットなどで探してみると自分に合ったところで合宿して、安い料金で牽引免許と交流も取得できる?ということなんですね。

牽引免許取得のコツ

牽引免許って、取るのにすごく難しい免許なんですね。
いろいろ牽引免許について書いてあるサイトとかを見ていると、牽引免許取得への奮闘日記みたいなものがたくさん出てきたりします。


牽引免許取得にはコツがあるようで、牽引免許取得のコツをまとめたようなサイトとか記事もたくさんあります。


だいたい奮闘日記にもコツが書いてある記事でも、牽引免許の取得の鍵をにぎるのが、バックや右折、左折などの方向変換のようです。


基本的に、一体化した車ではない、車と車をピンで一部分を連結しただけのものなので、普通車を運転するとはわけが違うというわけです。


でも、一昔まえ、普通自動車免許を取るときでさえ、バック、幅寄せ、S字走行などで、四苦八苦したというのに・・・


バック、左折右折、S字走行などの方向変換で共通するコツというと、やはり、走行中に一度車両を止めて、ドアを開けて今自分の操作でどういう状態になっているのか、余地がどれくらいあるのかをその時々で再確認していくことが大事のようです!


例えば右バックをするときの後輪の誘導の際に、入り口の曲がり角から右後輪がどれくらいの間隔で入っていけてるかなぁ・・・とか気になったらすぐにドアを開けて確認してみて、OKだったら次の操作へ・・・ダメだったらやり直す・・・という地道な努力が牽引免許取得のコツのようです。


牽引免許取得に見事合格された方たちの日記などを見ていると、何度も何度も牽引免許の試験を受験して、自分のクセや自分の不得意なところを見つけて、自分なりに牽引免許取得のコツをつかんでおられるようでした。


なかなか一発合格は難しいようです。

大型牽引免許

大型牽引免許を取得される方には仕事が運送業だとか大型トラックを使用することが多い仕事をされている方が取られることが多いみたいですね。


大型一種の免許を持っていれば、牽引免許の資格は取りやすいようです。
運送業などの仕事されてる方は大型一種の免許などはもう取得済みなのでしょうから、牽引免許も容易に取れそうですね。


もちろん、大型免許を持っていない人でも、大型免許取得もセットで牽引免許を取得することができます。


教習所では、大型免許取得と牽引免許取得をセットで受けられるようにコースを設けているところがほとんどです。
教習所によっては大型の牽引免許は扱っていないところもあるようなので、事前に連絡して調べたほうがいいですね。


大型の牽引免許も普通免許を取るときと同様、合宿をして取得することも可能です。
普通自動車免許の合宿と同様、通学するよりも割安になるようですね。

大型免許取得と牽引免許取得のセットでだいたい13日間合宿して35万円くらいです。

大型免許はすでに持っていて、牽引免許だけの取得であれば、一週間の合宿で、14万くらいが相場のようです。


教習所によっては、大型免許と牽引免許のセットはあるけれど、大型特殊と牽引免許は無いというところもあるようなので、事前に調べるのがよいと思います。


教習を受けずに試験を受けるということであれば、試験費用はざっと2万円くらいだそうです。
でも、教習を受けずに一発合格狙いというのは他の免許と違って相当難しいようですが・・・・

牽引免許の取得

牽引免許を取得される方たちには、

仕事で必要な人。
仕事の関係で運転技量の幅を広げていきたい人。
免許取得が趣味な人。
趣味で必要な人。

といろいろな理由で牽引免許を取得されるようですね。


多いのはやはり仕事で使わなければいけないとかいう方たちなんでしょうね。

牽引免許は他の免許と合わせて使うという特殊な免許で、特に大型免許と多く組み合わせて取得されているようです。



要は、自走している車に乗って自走してない車を引っ張るわけですから、引っ張る車が何かによってもう一つの免許の取得は必要になってくるわけです。
引っ張る車が普通車なら、牽引免許の取得と合わせて普通免許は必ず必要なわけです。


現在の日本では、その引っ張る車の種類が大型であることが多いということのようです。


基本的には大型一種を取得している方であれば、この牽引免許の取得は目新しいことはないので、容易なようです。
でも、車と車をピンのようなもので連結しているだけで、一体化している大型トラックとは違うので、バック、右折左折などの方向変換する際には技術が必要になってきます。
教習所でも、この「方向変換」にほとんどの時間を費やすようなので、「方向変換」の重要性がうかがえます。


牽引免許の取得には、方向変換がネックになって、どうしてもできずに挫折を味わう方も多いようです。

牽引免許とは?

まず、「牽引免許」って、聞いても、ただ単に車が必要なので、普通自動車免許を取得して日々、車を運転して生活している人達にとったら、特に感心のない免許ですよね。

私もその一人だったのですが・・・・

牽引免許ってどんな免許なんだろう?
と思って調べてみました。


後ろにトレーラーをひっぱっているトラックをよくみかけますよね!
たまに頭の部分になるトラックだけが走っているのを見るときもありますが・・・

自走していないトレーラー等(被牽引車と言います)を自動車(牽引自動車と言います)に連結させて目的地まで引っ張って動かしていくことを「牽引」といいます。



「牽引」するために必要になってくるのが、牽引免許というわけです。


牽引免許には2種類あります。
1つは、「牽引自動車第一種運転免許」。

これは運送業の方などが仕事の幅を広げるために取られたりするのが多いようですね。
一般的な牽引免許になるみたいです。


この「牽引自動車第一種運転免許」は、車両総重量が750kgを超える(制限はありません)被牽引車を動かすことができる免許です。


引っ張る側=牽引自動車に乗って被牽引車を動かすわけですから、牽引自動車が普通車であれば普通車免許、大型車であれば大型車免許が必要になるわけなので、受験する際には、大型免許・普通免許・大特免許・大型第二種免許・普通第二種免許・大特第二種免許のいづれかを取得している者というのが条件になります。


もう1つが「牽引自動車第二種運転免許」です。

これは、牽引自動車が車両総重量が750kgを超える被牽引車を牽引する場合で、なおかつその被牽引車が旅客用被牽引車(トレーラーバス)と言われるもので、旅客運送の目的で牽引するときに必要になる牽引免許です。


でも、現在日本では、この牽引免許を必要とする車両があまり無いようです。例えば、万博だとか、大きなイベント会場などで期間限定で運行される場合必要になってくることもあるようですが・・


あまり一般的ではないマニア向け?の牽引免許になるのでしょうか。


受験資格としては、21歳以上で、大型・普通・大型特殊のいづれかの免許を取得していた期間が通算3年以上で、なおかつ牽引一種を取得している者。
また、他の二種免許を取得している者。
だそうです。

この2種類が牽引免許です。

では、被牽引車の車両総重量が750kg以下だったらどうなのかというと、牽引免許はなくても公道を牽引して走行することが可能のようです。

キャンプに行くときにいろんな荷物を荷台に載せて引っ張っているのをたまにみかけますが、そのことでしょうね、きっと。


少し調べただけですが、全然知識が無かったので、牽引免許のことが少し身近になってきました。